「テクテクライフ」ゲームデザイナー麻野一哉より

2020年11月4日更新

 

リリースから一ヶ月が過ぎました。まずはプレイしてくださっている皆様に御礼申し上げます。

ありがとうございます!

 

このひと月、不具合の報告、新たな要望などいろんなお声をいただきました。すでに対応できたものもあれば、まだ検討中、修正中のものもあります。

 

大手パブリッシャーではないため、時間がかかり、ご迷惑おかけしていますが、ご意見はすべて真摯に受け止め、改善していきます。今後もひきつづき、応援のほどよろしくお願いします!

2020年10月2日更新

「前作データからの移行」に関して、ご迷惑おかけして申し訳ありません。

今回の「移行」の主旨は、前回、もっとも思い入れが深かったであろう「ぬりの結果」を引き継ぎたいというものでした。そのため、なるべく早め(ランク2)に、移行できるように設計したのですが、その結果、家や職場のまわりなど、身近なところがぬられてしまうことになり、現地ぬりがしづらく、ランクが上がりにくくなるという弊害が出てしまいました。(ぬった街区のまわりをとなりぬりすることは可能)

 

また、逆にランクを上げてから「移行」された場合、今回のテクテクライフでぬった街区は消えてしまいますし、無償歩行石もなくなるという弊害も生じました。

 

まとめますと、「移行」すると以下になります。

 

・「テクテクテクテク」でぬった街区のみ反映される。
・前回の街区の経験値や数は、今回のランクや称号に反映しない。
・「移行」までの、テクテクライフでの「ぬった街区」は消えてしまう。
・無償歩行石も消える。
・身近な街区が現地ぬりしづらくなる。


「とにかく、過去にぬった街区を残してもらいたい」ということを念頭において開発したのですが、その他の要素に配慮が足りず、至らぬことが多くなってしまいました。まことに申し訳ありませんでした。

 

「移行」をお考えの方は、上記をご勘案のうえ、実行なされますよう、よろしくおねがいします。かさねて、すでに移行されてしまい、ご不便をおかけした方々におわび申し上げます。まことにすみませんでした。

2020年9月28日更新

みなさま、おまたせしました。やっとリリース日を発表できるようになりました。

「テクテクライフ」、10月1日リリースです。

 

前回のβテストでの、みなさんからのご要望、ご指摘を、限られた時間内でなるべく反映させました。楽しんでいただけたら、と存じております。

 

歴史に残る猛暑も去り、出かけやすい季節となりました。また、国内旅行への機運も高まりつつあります。いまだコロナへの警戒は欠かせませんが、散歩やジョンギング、旅のお供として、三密を避けながらプレイしていただけたら幸いです。

 

どうか、新しく生まれ変わった「テクテクライフ」をよろしくお願いします!

2020年7月14日更新

クローズドβテスト、想定以上のご応募がありました。とても感謝しています。また、ツイッター等で応援のお言葉を多数いただきました。スタッフ一同、大変喜んでおります。

とはいえ、現在都市圏を中心に、まだまだコロナの脅威があります。『テクテクライフ』は三密を助長しませんが、基本、外に出るタイプのゲームです。

ですので。

 

人の少ないところでの散歩・ジョギングを兼ねての「現地ぬり」。
自転車や車でお出かけしての「予約ぬり」。
そして、家の中での「となりぬり」。
こういった機能を活用していただければ、安全にプレイしていただけると考えてます。

 

最悪、再度の外出自粛要請が出たら、テストも停止せざるをえません。ですが、そこまでいかなければ、「健康のための散歩」、「運動をかねての外出」には適したゲームです。そういう意味でβテストにご協力いただければ、うれしく思います。

リリースまで、大勢の方にプレイしていただき、たくさんのご意見ご感想を頂きたいと思っています。明日から10日間ほどのテストですが、どうぞよろしくお願いします!

 

​​

2020年7月1日更新

前作「テクテクテクテク」は去年の6月にサービスを終了しました。そこから復活を目指し、ようやくここに報告できるようになったことをうれしく思います。

すでにお気づきかと思いますが、今回発表するタイトルは「テクテクライフ」であり、「テクテクテクテク」ではありません。なぜかというと、まったく同じものを再生したわけではないからです。

「テクテクテクテク」は、「現実の地図をぬりながら世界を広げて、モンスターと戦うゲーム」でした。その、「テクテクテクテク」を再生するにあたって、一番に考えたことは、以下でした。

・どこが最も喜ばれたのか
・何が一番の特徴なのか

「テクテクテクテク」には多くの要素がありました。予約ぬり、となりぬり、スラッシュバトル、武器防具、ドリップ……。

それらの何がウケたのか、何を喜んでいただいたのか。それを知りたくて去年の春、アンケートを取りました。直接、ユーザーの方々に会ってお話を聞くこともありました。ネットの評判も読みました。その結果わかったことは、ほとんどの方が楽しんでいたのは、「地図をぬる」ということでした。モンスターとのバトルやアイテムのドリップを楽しんでいた方は少数派だったのです。

開発スタッフ一同、悩みました。そして、かなり悩んだ末に決断しました。「地図をぬる」ことに特化しようと。

「地図をぬる」ことを楽しむ。
それをスムーズにするサービスをふやそう。
現実にある場所を訪れる。
それが楽しくなるようなコンテンツにしよう。

そう考えました。そのため、大きくけずった要素。新たにつけ加えた要素があります。しかし、いずれにせよ、「地図をぬる」ゲームとして、より充実したものを目指しました。

当初は、5月の連休あたりのリリースを考えてました。しかし、世界でコロナが蔓延、日本も自粛に追い込まれました。「となりぬり」という、外に出なくても遊べる機能があるとはいえ、やはり、根本は散歩や旅行のお供にふさわしいゲームです。さすがにある程度外出が可能にならないと、遊んでいただけないと判断しました。

現在、やっと学校や通勤が再開し、遠距離移動も可能になりつつあります。近場での散歩、となり町での新たな発見、近郊への小旅行。「テクテクライフ」は、そういった移動を楽しむには、最適のツールです。

新しく生まれ変わった「テクテクライフ」。7月15日には、クローズド・ベータ・テストが始まります。ぜひ、ふるってご参加の上、ご意見いただければと思っております。よろしくお願いします!

SHARE
  • Twitter
  • Facebook

※ゲーム画像や内容は開発中のものです。

※端末の性能や仕様、端末固有のアプリ使用状況などにより、正常に動作しない場合があります。

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

© テクテクライフ